情報処理技術者試験-NAVI


応用情報技術者 H28年秋 午前 【問46】 分類:システム開発技術

UMLのユースケース図の説明はどれか。

外部からのトリガに応じて、オブジェクトの状態がどのように遷移するかを表現している。
クラスと関連から構成され、システムの静的な構造を表現している。
システムとアクタの相互作用を表現している。
データの流れに注目してシステムの機能を表現している。


       


みんなの正解率:  49%  (175人のうち86人が正解)

分類:テクノロジ系 > 開発技術 > システム開発技術
キーワード:UML クラス トリガ ユースケース図


応用情報技術者 H28年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:UML
業務プロセスのモデリング表記法として用いられ、複数のモデル図法を体系化したもの。
分類:テクノロジ系 > 開発技術 > システム開発技術
キーワード:UML クラス トリガ ユースケース図


みんなの正解率:  49%  (175人のうち86人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


UML
【H28年春】 表は、ビジネスプロセスをUMLで記述する際に使用される図法とその用途... 正解率:58%
【H27年秋】 社員と年の対応関係をUMLのクラス図で記述する。... 正解率:63%
【H26年春】 UML を用いて表した部門と社員の関係を表すデータモデルの説明のうち... 正解率:63%
【H26年秋】 その月に受注した商品を、顧客ごとにまとめて月末に出荷する場合、受注ク... 正解率:80%
【H26年春】 分散データベースにおいて図のようなコマンドシーケンスがあった。... 正解率:61%
【H26年春】 業務プロセスを可視化する手法としてUMLを採用した場合の活用シーンは... 正解率:58%

クラス
【H27年秋】 クラスタリングシステムで、ノード障害が発生したときに信頼性を向上させ... 正解率:65%
【H27年秋】 社員と年の対応関係をUMLのクラス図で記述する。... 正解率:63%
【H26年秋】 その月に受注した商品を、顧客ごとにまとめて月末に出荷する場合、受注ク... 正解率:80%
【H26年秋】 ブラックボックステストのテストデータの作成方法のうち、最も適切なもの... 正解率:43%
【H26年春】 マッシュアップに該当するものはどれか。... 正解率:67%
【H25年秋】 オブジェクト指向言語のクラスに関する記述のうち、適切なものはどれか。... 正解率:44%

トリガ
【H23年秋】 UML のユースケース図で、システムと相互作用する外部システムはどれ... 正解率:58%
【H17年春】 関係データベースのトリガ (trigger) に関する記述として、適... 正解率:56%

ユースケース図
【H28年春】 表は、ビジネスプロセスをUMLで記述する際に使用される図法とその用途... 正解率:58%
【H27年秋】 要件定義において、利用者や外部システムと、業務の機能を分離して表現す... 正解率:55%
【H27年春】 業務要件定義において、業務フローを記述する際に、処理の分岐や並行処理... 正解率:60%
【H25年春】 業務要件定義において、業務フローを記述する際に、処理の分岐也並列処理... 正解率:57%
【H24年秋】 UML で用いる図のうち、オブジェクト間で送受信するメッセージによる... 正解率:66%
【H23年秋】 UML のユースケース図で、システムと相互作用する外部システムはどれ... 正解率:58%


応用情報技術者 H28年秋の全キーワードをみる




H28年秋 設問一覧
【問47】オブジェクト指向言語のクラスに関する記述のうち、適切なものはどれか。... 44%
【問48】JIS X 0160におけるソフトウェア実装プロセスの下位レベルのプ... 50%
【問49】ソフトウェアを保守するときなどに利用される技術であるリバースエンジニ... 100%
【問50】自社開発したソフトウェアの他社への使用許諾に関する説明として、適切な... 43%
【問51】PMBOKの統合変更管理プロセスにおいて、プロジェクトのプロダクト、... 50%
【問52】あるプロジェクトの作業が図に従って計画されているとき、最短日数で終了... 33%
【問53】過去のプロジェクトの開発実績から構築した作業配分モデルがある。... 63%
【問54】PMBOKによれば、脅威となるマイナスのリスクと、好機となるプラスの... 22%
【問55】JIS Q 20000-1は、サービスマネジメントシステム(SMS)... 83%
【問56】ITサービスマネジメントにおいて、災害による重大なサービス停止に関す... 57%

 




応用情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]