情報処理技術者試験-NAVI


応用情報技術者 H28年秋 午前 【問68】 分類:技術戦略マネジメント

アンゾフが提唱する成長マトリクスを説明したものはどれか。

自社の強みと弱み、市場における機会と脅威を、分類ごとに列挙して、事業戦略における企業の環境分析を行う。
製品と市場の視点から、事業拡大の方向性を市場浸透・製品開発・市場開拓・多角化に分けて、戦略を検討する。
製品の市場占有率と市場成長率から、企業がそれぞれの事業に対する経営資源の最適配分を意思決定する。
製品の導入期・成長期・成熟期・表退期の各段階に応じて、製品の改良、新品種の追加、製品廃棄などを計画する。


       


みんなの正解率:  50%  (4人のうち2人が正解)

分類:ストラテジ系 > 経営戦略 > 技術戦略マネジメント
キーワード:成長マトリクス


応用情報技術者 H28年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:成長マトリクス
技術開発、業務提携、M&Aなどで、新たな製品や市場での成長の機会を求める。アンゾフが提唱。
分類:ストラテジ系 > 経営戦略 > 技術戦略マネジメント
キーワード:成長マトリクス


みんなの正解率:  50%  (4人のうち2人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


応用情報技術者 H28年秋の全キーワードをみる




H28年秋 設問一覧
【問69】RFM分析において、特にR(Recency)とF(Frequency... 67%
【問70】技術経営における課題のうち、"死の谷"を説明したものはどれか。... 63%
【問71】ある期間の生産計画において、図の部品表で表わされる製品Aの需要量が1... 20%
【問72】クラウドソーシングの説明はどれか。... 62%
【問73】ディジタルサイネージの説明として、適切なものはどれか。... 80%
【問74】ガントチャートを説明したものはどれか。... 83%
【問75】故障率曲線において、図中のAの期間に実施すべきことはどれか。... 50%
【問76】今年度のA社の販売実績と費用(固定費、変動費)を表に示す。... 50%
【問77】表の条件でA〜Eの商品を販売したときの機会損失は何千円か。... 29%
【問78】日本において、産業財産権と総称される四つの権利はどれか。... 40%

 




応用情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]