情報処理技術者試験-NAVI


応用情報技術者 H28年秋 午前 【問62】 分類:システム戦略

ITベンダにおけるソリューションビジネスの推進で用いるバランススコアカードの、学習と成長のKPIの目標例はどれか。
ここで、ソリューションとは"顧客の経営課題の達成に向けて、情報技術と専門家によるプロフェッショナルサービスを通して支援すること"とする。

サービスを提供した顧客に対して満足度調査を行い、満足度を5段階評価で平均3.5以上とする。
再利用環境の整備によってソリューション事例の登録などを増やし、顧客提案数を前年度の1.5倍とする。
情報戦略のコンサルティングサービスに重点を置くために、社内要員30名をITのプロフェッショナルとして育成する。
情報戦略立案やシステム企画立案に対するコンサルティングの受注金額を、全体の15%以上とする。


       


みんなの正解率:  68%  (34人のうち23人が正解)

分類:ストラテジ系 > システム戦略 > システム戦略
キーワード:KPI バランススコアカード 情報戦略


応用情報技術者 H28年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:バランススコアカード
戦略を財務の視点・顧客の視点・(内部)ビジネスプロセスの視点・学習と成長の視点の4つに分類し、業績評価を行うシステム。
分類:ストラテジ系 > システム戦略 > システム戦略
キーワード:KPI バランススコアカード 情報戦略


みんなの正解率:  68%  (34人のうち23人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


KPI
【H27年秋】 ITILは、各プロセスに対する重要成功要因(CSF)と重要業績評価指... 正解率:65%
【H27年春】 ITILの可用性管理プロセスにおいて、ITサービスの可用性と信頼性の... 正解率:86%
【H26年春】 営業部門で設定するKPIとKGIの適切な組合せはどれか。... 正解率:60%
【H25年秋】 IT投資を、投資目的によって表のように分類した。... 正解率:63%
【H24年秋】 IT サービスマネジメントの可用性管理の KPI として用いるものは... 正解率:70%
【H23年春】 営業部門で設定する KPI(Key Performance Indi... 正解率:57%

バランススコアカード
【H26年秋】 IT投資の評価手法のうち、バランススコアカードを用いた手法を説明した... 正解率:43%
【H26年春】 バランススコアカードを説明したものはどれか。... 正解率:76%
【H25年秋】 設定した戦略を遂行するために、財務、顧客、内部ビジネスプロセス、学習... 正解率:67%
【H25年春】 バランススコアカードで使われる戦略マップの説明はどれか。... 正解率:72%
【H24年春】 設定した戦略を遂行するために、財務、顧客、内部ビジネスプロセス、学習... 正解率:64%
【H23年秋】 情報システム投資の効果をモニタリングする指標のうち、バランススコアカ... 正解率:33%

情報戦略
【H27年春】 情報戦略の投資対効果を評価するとき、利益額を分子に、投資額を分母にし... 正解率:0%
【H27年秋】 "システム管理基準"によれば、情報戦略における情報システム全体の最適... 正解率:100%
【H27年春】 IT投資ポートフォリオの目的はどれか。... 正解率:73%
【H25年秋】 "システム管理基準"によれば、情報戦略策定段階の成果物はどれか。... 正解率:79%
【H23年秋】 非機能要件項目はどれか。... 正解率:45%
【H22年秋】 "システム管理基準" の説明はどれか。... 正解率:67%


応用情報技術者 H28年秋の全キーワードをみる




H28年秋 設問一覧
【問63】BI(Business Intelligence)の活用事例として、... 75%
【問64】リサイクル法に基づく規制に準拠した使用済PCの回収・再資源化に関する... 38%
【問65】非機能要件項目はどれか。... 58%
【問66】"情報システム・モデル取引・契約書"によれば、要件定義工程を実施する... 43%
【問67】ベンチマーキングを説明したものはどれか。... 50%
【問68】アンゾフが提唱する成長マトリクスを説明したものはどれか。... 50%
【問69】RFM分析において、特にR(Recency)とF(Frequency... 67%
【問70】技術経営における課題のうち、"死の谷"を説明したものはどれか。... 63%
【問71】ある期間の生産計画において、図の部品表で表わされる製品Aの需要量が1... 20%
【問72】クラウドソーシングの説明はどれか。... 62%

 




応用情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]