情報処理技術者試験-NAVI


応用情報技術者 H25年春 午前 【問79】 分類:法務

製造業者の責任に関して、製造物責任法 (PL法) に定められているものはどれか。

顧客の財産に関する損害については、製造業者は製造物を顧客に引き渡した時から永久に損害賠償責任を負う。
製造物の欠陥原因が部品メーカの製造した部品であった場合、完成品メーカの設計どおりに製造し納品した部品であっても、部品メーカに損害賠償責任がある。
製造物を顧客に引き渡したときに科学又は技術水準では発見できない内容の欠陥であれば、その製造業者の損害賠償責任は問われない。
製造物を輸入して販売している販売業者は、製造者ではないので、その製造物によって顧客が財産上の損害を被っても、損害賠償責任は問われない。


       


みんなの正解率:  54%  (24人のうち13人が正解)

分類:ストラテジ系 > 企業と法務 > 法務
キーワード:PL法 製造物責任法


応用情報技術者 H25年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:ストラテジ系 > 企業と法務 > 法務
キーワード:PL法 製造物責任法


みんなの正解率:  54%  (24人のうち13人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


PL法
【H22年秋】 A 社は、B 社に委託して開発したハードウェアに、C 社が開発して販... 正解率:71%
【H11年春】 PL 法に基づく賠償の対象となるものはどれか。... 正解率:23%
【H11年春】 関係データベースを用いた2階層クライアントサーバシステムにおいて、ス... 正解率:53%
【H11年春】 システム障害発生時のバックアップ方式の1つであるホットスタンバイ方式... 正解率:51%
【H11年春】 複数の同種のプロセッサによって処理能力を高めるコンピュータシステムの... 正解率:71%
【H11年春】 故障、誤動作が発生した場合でも、システムが安全な方向に動作するものは... 正解率:67%

製造物責任法
【H28年春】 ソフトウェアやデータに瑕疵がある場合に、製造物責任法の対象となるもの... 正解率:100%
【H26年春】 ソフトウェアやデータに瑕疵がある場合に、製造物責任法の対象となるもの... 正解率:64%
【H24年秋】 ソフトウェアやデータに瑕疵がある場合に、製造物責任法の対象となるもの... 正解率:71%
【H22年秋】 A 社は、B 社に委託して開発したハードウェアに、C 社が開発して販... 正解率:71%


応用情報技術者 H25年春の全キーワードをみる




H25年春 設問一覧
【問80】発注者と受注者の間でソフトウェア開発における請負契約を締結した。... 73%

 




応用情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]