情報処理技術者試験-NAVI


応用情報技術者 H22年秋 午前 【問80】 分類:法務

A 社は、B 社に委託して開発したハードウェアに、C 社が開発して販売したソフトウェアパッケージを購入して実装し、組込み機器を製造した。
A 社はこの機器を自社製品として出荷した。小売店の D 社は、この製品を仕入れて販売した。
ソフトウェアパッケージに含まれていた血管が原因で、利用者が損害を受けた時、製造物責任法 (PL法) 上の責任を負うのはだれか。
ここで、A 社、B 社、C 社、D 社及び損害を受けた利用者はすべて日本国内の法人又は個人とする。

機器を製造し出荷した A 社が責任を負う。
ソフトウェアを開発し販売した C 社が責任を負う。
ハードウェアを開発した B 社が責任を負う。
販売した D 社が責任を負う。


       


みんなの正解率:  71%  (544人のうち384人が正解)

分類:ストラテジ系 > 企業と法務 > 法務
キーワード:PL法 製造物責任法


応用情報技術者 H22年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:ストラテジ系 > 企業と法務 > 法務
キーワード:PL法 製造物責任法


みんなの正解率:  71%  (544人のうち384人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


PL法
【H25年春】 製造業者の責任に関して、製造物責任法 (PL法) に定められているも... 正解率:52%
【H11年春】 PL 法に基づく賠償の対象となるものはどれか。... 正解率:24%
【H11年春】 関係データベースを用いた2階層クライアントサーバシステムにおいて、ス... 正解率:53%
【H11年春】 システム障害発生時のバックアップ方式の1つであるホットスタンバイ方式... 正解率:53%
【H11年春】 複数の同種のプロセッサによって処理能力を高めるコンピュータシステムの... 正解率:73%
【H11年春】 分散システムにおけるレプリケーションの説明として、適切なものはどれか... 正解率:34%

製造物責任法
【H25年春】 製造業者の責任に関して、製造物責任法 (PL法) に定められているも... 正解率:52%
【H23年春】 ソフトウェアやデータに瑕疵がある場合に、製造物責任法の対象となるもの... 正解率:60%


応用情報技術者 H22年秋の全キーワードをみる