情報処理技術者試験-NAVI


テクニカルエンジニア (ネットワーク) H17年秋 午前 【問32】 分類:ネットワーク技術

符号長7ビット、情報ビット数4ビットのハミング符号による誤り訂正の方法を次のとおりとする。
受信した7ビットの符号語X1X2X3X4X5X6X7(Xn=0又は1) に対して
C0 = X1 + X3 + X5 + X7
C1 = X2 + X3 + X6 + X7
C2 = X4 + X5 + X6 + X7
(いずれもmod2で計算)
を計算し、C0、C1、C2の中に少なくとも一つの0でないものがある場合は、
I = C0 + C1 * 2 + C2 * 4
を求めて、左からIビット目を反転することによって誤りを訂正する。

受信した符号語 が1000101であった場合、誤り訂正後の符号語はどれか。

1000001
1000101
1001101
1010101


       


みんなの正解率:  67%  (127人のうち85人が正解)

分類:ネットワーク技術
キーワード:ハミング符号


テクニカルエンジニア (ネットワーク) H17年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:ハミング符号
メモリの誤り制御方式で、2ビットの誤り検出機能と、1ビットの誤り訂正機能をもたせるのに用いられている。
分類:ネットワーク技術
キーワード:ハミング符号


みんなの正解率:  67%  (127人のうち85人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


ハミング符号
【H24年秋】 ハミング符号の用途の説明として、適切なものはどれか。... 正解率:76%
【H23年秋】 ECC メモリで、2 ビットの誤りを検出し、1 ビットの誤りを訂正す... 正解率:84%
【H13年秋】 メモリの誤り制御方式で、2ビットの誤り検出機能と、1ビットの誤り訂正... 正解率:92%
【H13年秋】 主記憶へのアクセスを1命令当たり平均2回行い、ページフォールトが発生... 正解率:56%
【H13年秋】 分散トランザクション処理で利用される2相コミットプロトコルでは、コミ... 正解率:76%
【H13年秋】 あるオンラインシステムにおいて、トランザクション件数が1時間で5,0... 正解率:76%


テクニカルエンジニア (ネットワーク) H17年秋の全キーワードをみる




H17年秋 設問一覧
【問33】MPEGの規格には解像度と圧縮率の違いによって幾つかの種類がある。... 85%
【問34】フレームリレーに関する説明として、適切なものはどれか。... 68%
【問35】テキストデータ伝送とバイナリデータ伝送に関する記述のうち、適切なもの... 73%
【問36】10Mビット/秒のLANで接続された4台のノード (A、B、C、D)... 56%
【問37】180台の電話機のトラフィックを調べたところ、電話機1台当たりの呼の... 80%
【問39】伝送速度が128kビット/sの回線を用いて、128×10^3バイトの... 58%
【問40】インターネットVPNを実現するために用いられる技術であり、ESP (... 76%
【問41】無線LANで使用される搬送波感知多重アクセス/衝突回避方式はどれか。... 76%
【問42】FDDIにおける送信権制御に関する記述として、適切なものはどれか。... 77%
【問43】無線LANにおいて、40ビット又は104ビットの値を暗号化かぎとして... 69%

 




テクニカルエンジニア (ネットワーク)の過去年度
H24年秋 [ 午前問題 ]H23年秋 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H15年秋 [ 午前問題 ]
H14年秋 [ 午前問題 ]H13年秋 [ 午前問題 ]
H12年秋 [ 午前問題 ]H11年秋 [ 午前問題 ]