情報処理技術者試験-NAVI


テクニカルエンジニア (ネットワーク) H17年秋 午前 【問50】 分類:セキュリティと標準化

ペネトレーションテストで確認する対象はどれか。

使用している暗号方式の強度
対象プログラムの様々な入力に対する出力結果と仕様上の出力との一致
ファイアフォールが単位時間当たりに処理できるセション数
ファイアフォールや公開サーバに対するセキュリティホールや設定ミスの有無


       


みんなの正解率:  71%  (108人のうち77人が正解)

分類:セキュリティと標準化
キーワード:ペネトレーションテスト


テクニカルエンジニア (ネットワーク) H17年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:セキュリティと標準化
キーワード:ペネトレーションテスト


みんなの正解率:  71%  (108人のうち77人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


テクニカルエンジニア (ネットワーク) H17年秋の全キーワードをみる