情報処理技術者試験-NAVI


ITパスポート H26年春 午前 【問24】

営業秘密を保護する法律はどれか。

実用新案法
著作権法
特許法
不正競争防止法


       


みんなの正解率:  83%  (6人のうち5人が正解)

キーワード:不正競争防止法 特許法 著作権法


ITパスポート H26年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:不正競争防止法 特許法 著作権法


みんなの正解率:  83%  (6人のうち5人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


不正競争防止法
【H25年春】 他社に損害を与える目的で、他社のサービス名と類似したドメイン名を取得... 正解率:0%
【H24年秋】 営業秘密を保護する法律はどれか。... 正解率:51%
【H21年春】 不正競争防止法の営業秘密に該当するものはどれか。... 正解率:60%
【H20年秋】 不正競争防止法における営業秘密に該当するものはどれか。... 正解率:69%
【H19年春】 不正競争防止法が保護する対象はどれか。... 正解率:62%
【H16年春】 不正競争防止法に照らして違法行為となるものはどれか。... 正解率:53%

特許法
【H25年春】 インターネットを利用した新たなビジネスモデルを保護する法律はどれか。... 正解率:42%
【H24年秋】 インターネットを利用した企業広告に関する新たなビジネスモデルを考案し... 正解率:51%

著作権法
【H25年春】 インターネットを利用した新たなビジネスモデルを保護する法律はどれか。... 正解率:42%
【H24年秋】 インターネットを利用した企業広告に関する新たなビジネスモデルを考案し... 正解率:51%
【H24年春】 著作権法の保護の対象となるものはどれか。... 正解率:57%
【H24年春】 SLA の中に含めるサービスレベルに関する条文の例として、最も適切な... 正解率:50%
【H21年秋】 新製品の開発に当たって生み出される様々な成果のうち、著作権法による保... 正解率:59%
【H20年秋】 著作権法による保護の対象となるものはどれか。... 正解率:67%


ITパスポート H26年春の全キーワードをみる




H26年春 設問一覧
【問25】OJTに該当する事例として、適切なものはどれか。... 45%
【問26】ソフトウェアライフサイクルを、企画、要件定義、開発、運用のプロセスに... 88%
【問27】外部技術の導入手法の一つとして、企業が互いに有する特許の実施権を相互... 50%
【問28】コンカレントエンジニアリングの目的として、適切なものはどれか。... 50%
【問29】著作権法の保護の対象となるものはどれか。... 42%
【問30】"製品"、"価格"、"流通"、"販売促進"の四つを構成要素とするマー... 57%
【問31】システム監査の対象に関する記述として、適切なものはどれか。... 86%
【問32】次の記述a〜dのうち、システム利用者にとって使いやすい画面を設計する... 57%
【問33】ITサービスマネジメントのプロセスに該当するものはどれか。... 29%
【問34】開発者Aさんは、入力データが意図されたとおりに処理されるかを、プログ... 31%

 




ITパスポートの過去年度
H26年春 [ 午前問題 ]H25年秋 [ 午前問題 ]
H25年春 [ 午前問題 ]H24年秋 [ 午前問題 ]
H24年春 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年秋 [ 午前問題 ]H15年春 [ 午前問題 ]