情報処理技術者試験-NAVI


ITパスポート H26年春 午前 【問5】

トレーサピリティに該当する事例として、適切なものはどれか。

インターネットやWebの技術を利用して、コンピュータを教育に応用する。
開発部門を自社内に抱えずに、開発業務を全て外部の専門企業に任せる。
個人の知識や情報を組織全体で共有し、有効に活用して業績を上げる。
肉や魚に貼ってあるラベルをよりどころに生産から販売までの履歴を確認できる。


       


みんなの正解率:  69%  (13人のうち9人が正解)

キーワード:トレーサ


ITパスポート H26年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:トレーサ


みんなの正解率:  69%  (13人のうち9人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


ITパスポート H26年春の全キーワードをみる




H26年春 設問一覧
【問6】情報システムの開発の際に作成される業務モデルが表現しているものはどれ... 62%
【問7】システムの調達に関して、a、bに該当する記述の適切な組合せはどれか。... 48%
【問8】経営幹部の役職のうち、情報システムを統括する最高責任者はどれか。... 63%
【問9】PPMの適用事例として、適切なものはどれか。... 58%
【問10】個人情報取扱事業者が個人情報を第三者に渡した事例のうち、個人情報保護... 71%
【問11】従業員の賃金や就業時間、休暇などに関する最低基準を定めた法律はどれか... 100%
【問12】QRコードの特徴として、適切なものはどれか。... 76%
【問13】インターネットに接続しているコンピュータ環境において、不正アクセス禁... 61%
【問14】ABC分析で使用する図として、適切なものはどれか。... 59%
【問15】対象業務の処理過程と情報の流れを表すために用いられる図表はどれか。... 61%

 




ITパスポートの過去年度
H26年春 [ 午前問題 ]H25年秋 [ 午前問題 ]
H25年春 [ 午前問題 ]H24年秋 [ 午前問題 ]
H24年春 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年秋 [ 午前問題 ]H15年春 [ 午前問題 ]