情報処理技術者試験-NAVI


ITパスポート H26年春 午前 【問20】

全国の業務担当者を対象として、販売予測システムの利用方法に関する研修を計画している。
研修にe-ラーニングを利用することで得られるメリットはどれか。

業務担当者がシステムの内容を設計担当者から直接受講し、その場で質疑を行える。
業務担当者が自分の業務の空き時間を利用して、好きなときに受講できる。
業務担当者が複数同席し、システムの利用方法について意見を交換できる。
業務担当者を一堂に集めて、一度で研修できる。


       


みんなの正解率:  75%  (8人のうち6人が正解)



ITパスポート H26年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:


みんなの正解率:  75%  (8人のうち6人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


ITパスポート H26年春の全キーワードをみる




H26年春 設問一覧
【問21】システム化計画の立案はソフトウェアライフサイクルのどのプロセスに含ま... 50%
【問22】BPM(Business Process Management)の特... 86%
【問23】部品製造会社Aでは製造工程における不良品発生を減らすために、業績評価... 63%
【問24】営業秘密を保護する法律はどれか。... 83%
【問25】OJTに該当する事例として、適切なものはどれか。... 42%
【問26】ソフトウェアライフサイクルを、企画、要件定義、開発、運用のプロセスに... 88%
【問27】外部技術の導入手法の一つとして、企業が互いに有する特許の実施権を相互... 50%
【問28】コンカレントエンジニアリングの目的として、適切なものはどれか。... 50%
【問29】著作権法の保護の対象となるものはどれか。... 44%
【問30】"製品"、"価格"、"流通"、"販売促進"の四つを構成要素とするマー... 57%

 




ITパスポートの過去年度
H26年春 [ 午前問題 ]H25年秋 [ 午前問題 ]
H25年春 [ 午前問題 ]H24年秋 [ 午前問題 ]
H24年春 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年秋 [ 午前問題 ]H15年春 [ 午前問題 ]