情報処理技術者試験-NAVI


基本情報技術者 H28年秋 午前 【問80】 分類:法務

コンピュータウイルスを用いて、企業で使用されているコンピュータの記憶内容を消去する行為を処罰の対象とする法律はどれか。

刑法
製造物責任法
不正アクセス禁止法
プロバイダ責任制限法


       


みんなの正解率:  39%  (23人のうち9人が正解)

分類:ストラテジ系 > 企業と法務 > 法務
キーワード:ウイルス 不正アクセス禁止法 製造物責任法


基本情報技術者 H28年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:ストラテジ系 > 企業と法務 > 法務
キーワード:ウイルス 不正アクセス禁止法 製造物責任法


みんなの正解率:  39%  (23人のうち9人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード

ウイルス
【H28年春】 BYODの説明、及びその情報セキュリティリスクに関する記述のうち、... 正解率:17%
【H27年春】 社員が利用するスマートフォンにディジタル証明書を導入しておくことによ... 正解率:91%
【H27年春】 刑法における、いわゆるコンピュータウイルスに関する罪となるものはどれ... 正解率:58%
【H26年秋】 ソーシャルエンジニアリングに分類される手口はどれか。... 正解率:88%
【H26年秋】 ウイルス対策ソフトのパターンマッチング方式を説明したものはどれか。... 正解率:71%
【H25年秋】 BYOD(Bring Your Own Device)の説明はどれか... 正解率:62%

不正アクセス禁止法
【H21年秋】 他人のIDやパスワードを使って、インターネットでオンラインショップの... 正解率:90%



基本情報技術者 H28年秋の全キーワードをみる