情報処理技術者試験-NAVI


基本情報技術者 H28年秋 午前 【問35】 分類:ネットワーク

地上から高度約36,000kmの静止軌道衛星を中継して、地上のA地点とB地点で通信をする。
衛星とA地点、衛星とB地点の距離がどちらも37,500kmであり、衛星での中継による遅延を10ミリ秒とするとき、Aから送信し始めたデータがBに到達するまでの伝送遅延時間は何秒か。
ここで、電波の伝搬速度は3×108m/秒とする。

0.13
0.26
0.35
0.52


       


みんなの正解率:  63%  (16人のうち10人が正解)

分類:テクノロジ系 > 技術要素 > ネットワーク


基本情報技術者 H28年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:テクノロジ系 > 技術要素 > ネットワーク


みんなの正解率:  63%  (16人のうち10人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


基本情報技術者 H28年秋の全キーワードをみる




H28年秋 設問一覧
【問36】人間には読み取ることが可能でも、プログラムでは読み取ることが難しいと... 87%
【問37】情報の"完全性"を脅かす攻撃はどれか。... 92%
【問38】メッセージ認証符号におけるメッセージダイジェストの利用目的はどれか。... 56%
【問39】PKIにおける認証局が、信頼できる第三者機関として果たす役割はどれか... 67%
【問40】ICカードとPINを用いた利用者認証における適切な運用はどれか。... 78%
【問41】サーバにバックドアを作り、サーバ内で侵入の痕跡を隠蔽するなどの機能が... 70%
【問42】WAFの説明はどれか。... 46%
【問43】ウイルス検出におけるビヘイビア法に分類されるものはどれか。... 55%
【問44】別のサービスやシステムから流出したアカウント認証情報を用いて、アカウ... 55%
【問45】PCへの侵入に成功したマルウェアがインターネット上の指令サーバと通信... 75%

 




基本情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H22年春 [ 午前問題 ]
H21年秋 [ 午前問題 ]H21年春 [ 午前問題 ]
H20年秋 [ 午前問題 ]H20年春 [ 午前問題 ]
H19年秋 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]