情報処理技術者試験-NAVI


応用情報技術者 H27年秋 午前 【問6】 分類:アルゴリズムとプログラミング

次に示すユークリッドの互換法(方法1、方法2)で、正の整数 a, b の最大公約数は、それぞれ m と n のどちらの変数に求まるか。
ここで、m mod n は、m を n で割った余りを示す。



方法1方法2
mm
mn
nm
nn


       


みんなの正解率:  0%  (25人のうち0人が正解)

分類:テクノロジ系 > 基礎理論 > アルゴリズムとプログラミング


応用情報技術者 H27年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:テクノロジ系 > 基礎理論 > アルゴリズムとプログラミング


みんなの正解率:  0%  (25人のうち0人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


応用情報技術者 H27年秋の全キーワードをみる




H27年秋 設問一覧
【問7】JavaBeansを利用してソフトウェア開発を行うメリットとして、適... 77%
【問8】CPUのパイプライン処理を有効に機能させるプログラミング方法はどれか... 86%
【問9】複数のデータに対して1個の命令で同一の操作を同時並列に行う方式で、マ... 48%
【問10】MMU(Memory Management Unit)の説明として、... 56%
【問11】有機ELディスプレイの説明として、適切なものはどれか。... 53%
【問12】クラスタリングシステムで、ノード障害が発生したときに信頼性を向上させ... 65%
【問13】次のシステムにおいて、ピーク時間帯のCPU使用率は何%か。... 65%
【問14】システムの信頼性設計に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 56%
【問15】MTBF が x 時間、MTTRが y 時間のシステムがある。... 73%
【問16】プリエンプション方式のタスクスケジューリングにおいて、タスクBの実行... 86%

 




応用情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]