情報処理技術者試験-NAVI


応用情報技術者 H27年秋 午前 【問72】 分類:ビジネスインダストリ

かんばん方式の運用方法はどれか。

前工程が生産完了した後、生産量を記載したかんばんとともに部品を後工程に供給する。
前工程は後工程から回ってくるかんばんの指示量に備え、自工程の在庫を最小限に抑えながら生産しておく必要がある。
前工程は後工程の引取り時期やかんばんの指示量が大きく変動しても、対応できる生産能力の余力をもつ必要がある。
前工程は故障などによる後工程への供給量不足に備え、平均故障時間で生産される部品の量を、かんばんの指示量に加算して、後工程に供給する。


       


みんなの正解率:  78%  (9人のうち7人が正解)

分類:ストラテジ系 > 経営戦略 > ビジネスインダストリ


応用情報技術者 H27年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:ストラテジ系 > 経営戦略 > ビジネスインダストリ


みんなの正解率:  78%  (9人のうち7人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


応用情報技術者 H27年秋の全キーワードをみる




H27年秋 設問一覧
【問73】インターネットショッピングで売上の全体に対して、あまり売れない商品の... 75%
【問74】企業経営における、コンプライアンス強化の説明はどれか。... 75%
【問75】経営会議で来期の景気動向を議論したところ、景気は悪化する、横ばいであ... 67%
【問76】表から、卸売業A社と小売業B社の財務指標を比較したとき、卸売業A社に... 67%
【問77】表のような製品A、Bを製造、販売する場合、考えられる営業利益は最大で... 50%
【問78】Webページの著作権に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 33%
【問79】サイバーセキュリティ基本法において、サイバーセキュリティの対象として... 67%
【問80】企業のWebサイトに接続してWebページを改ざんし、システムの使用目... 50%

 




応用情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]