情報処理技術者試験-NAVI


応用情報技術者 H27年秋 午前 【問48】 分類:ソフトウェア開発管理技術

二つの独立したテストグループA、Bが、あるシステムについて一定期間並行してテストを行い、それぞれNA個及びNB個のエラーを検出した。
このシステムの総エラー数Nを予測する式はどれか。
ここで、NA > 0、NB > 0、NAB > 0とし、グループA、Bのエラーを検出する能力及び効率は等しいものとする。

N = NA + NB - NAB
N = NAB * NA * NB
N = (NA + NB) / NAB
N = NA * NB / NAB


       


みんなの正解率:  88%  (8人のうち7人が正解)

分類:テクノロジ系 > 開発技術 > ソフトウェア開発管理技術


応用情報技術者 H27年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:テクノロジ系 > 開発技術 > ソフトウェア開発管理技術


みんなの正解率:  88%  (8人のうち7人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


応用情報技術者 H27年秋の全キーワードをみる




H27年秋 設問一覧
【問49】エクストリームプログラミング(XP)におけるリファクタリングの説明は... 75%
【問50】共通フレームをプロジェクトに適用する場合の考え方のうち、適切なものは... 50%
【問51】WBS作成プロセスが含まれるマネジメントプロセスはどれか。... 33%
【問52】プロジェクト管理においてパフォーマンス測定に使用するEVMの管理対象... 57%
【問53】図に示すとおりに作業を実施する予定であったが、作業Aで1日遅れが生じ... 60%
【問54】ソフトウェアの開発規模見積りに利用されるファンクションポイント法の説... 75%
【問55】ITILは、各プロセスに対する重要成功要因(CSF)と重要業績評価指... 64%
【問56】ITサービスマネジメントにおけるサービスレベル管理プロセスの活動はど... 86%
【問57】ITサービスマネジメントにおける問題管理プロセスにおいて実施すること... 73%
【問58】システム監査人が、予備調査において実施する作業として、"システム監査... 82%

 




応用情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]