情報処理技術者試験-NAVI


応用情報技術者 H27年秋 午前 【問53】 分類:プロジェクトマネジメント

図に示すとおりに作業を実施する予定であったが、作業Aで1日遅れが生じた。
各作業の費用増加率を表の値とするとき、当初の予定日数で終了するためにかかる増加費用を最も少なくするには、どの作業を短縮すべきか。
ここで、費用増加率とは、作業を1日短縮するのに要する増加費用のことである。



作業費用増加率
A4
B6
C3
D2
E2.5
F2.5
G5


B
C
D
E


       


みんなの正解率:  60%  (5人のうち3人が正解)

分類:マネジメント系 > プロジェクトマネジメント > プロジェクトマネジメント


応用情報技術者 H27年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:マネジメント系 > プロジェクトマネジメント > プロジェクトマネジメント


みんなの正解率:  60%  (5人のうち3人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


応用情報技術者 H27年秋の全キーワードをみる




H27年秋 設問一覧
【問54】ソフトウェアの開発規模見積りに利用されるファンクションポイント法の説... 75%
【問55】ITILは、各プロセスに対する重要成功要因(CSF)と重要業績評価指... 64%
【問56】ITサービスマネジメントにおけるサービスレベル管理プロセスの活動はど... 86%
【問57】ITサービスマネジメントにおける問題管理プロセスにおいて実施すること... 73%
【問58】システム監査人が、予備調査において実施する作業として、"システム監査... 82%
【問59】販売管理システムにおいて、起票された受注伝票が漏れなく、重複すること... 100%
【問60】営業債権管理業務に関する内部統制のうち、適切なものはどれか。... 100%
【問61】エンタープライズアーキテクチャにおいて、情報システムの理想を表すモデ... 75%
【問62】情報化投資計画において、投資価値の評価指標であるROIを説明したもの... 86%
【問63】"システム管理基準"によれば、情報戦略における情報システム全体の最適... 100%

 




応用情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]