情報処理技術者試験-NAVI


応用情報技術者 H24年秋 午前 【問50】

日本において特許 A を取得した特許権者から、実施許諾を受けることが必要になり得るのはどれか。

出願日から 25 年を超えた特許 A と同じ技術を、新たに事業化する場合
特許 A の出願日より前から、特許 A と同じ技術を独自に開発して、製品を製造・販売していたことが証明できる場合
特許 A を家庭内で個人的に利用するだけの場合
日本国内で製造し、米国に輸出する製品に特許Aを利用する場合


       


みんなの正解率:  51%  (39人のうち20人が正解)

キーワード:特許権


応用情報技術者 H24年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:特許権
産業上利用することができる新規の発明を独占的・排他的に利用できる権利であり、所轄の官庁への出願及び審査に基づいて付与される権利。
キーワード:特許権


みんなの正解率:  51%  (39人のうち20人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


特許権
【H28年秋】 日本において、産業財産権と総称される四つの権利はどれか。... 正解率:67%
【H22年秋】 特許権に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 正解率:64%


応用情報技術者 H24年秋の全キーワードをみる




H24年秋 設問一覧
【問51】WBS (Work Breakdown Structure) を利用... 83%
【問52】図のアローダイアグラムから読み取れることのうち、適切なものはどれか。... 58%
【問53】プロジェクト管理においてパフォーマンス測定に使用する EVM の管理... 78%
【問54】プロジェクトの品質マネジメントにおいて、プロセスが安定しているかどう... 63%
【問55】IT サービスマネジメントにおけるインシデント管理の主な活動はどれか... 36%
【問56】IT サービスマネジメントの可用性管理の KPI として用いるものは... 69%
【問57】システム監査人が負う責任はどれか。... 67%
【問58】事業継続計画(BCP)について監査を実施した結果、適切な状況と判断さ... 84%
【問59】業務システムの利用登録をするために、利用者登録フォーム画面(図1)か... 56%
【問60】営業債権管理業務に関する内部統制のうち、適切なものはどれか。... 69%

 




応用情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]