情報処理技術者試験-NAVI


応用情報技術者 H24年秋 午前 【問75】

親和図の特徴はどれか。

原因と結果を対比させた図式表現であり、不良原因の追及に用いられる。
錯綜した問題点や、まとまっていない意見、アイディアなどを整理し、まとめるために用いられる。
二つ以上の変数の相互関係を表すのに役立つ。
分布の形、目標値からのばらつき状態などから、製品の品質の状態が規格値に対して満足いくものかなどを判断するために用いられる。


       


みんなの正解率:  63%  (38人のうち24人が正解)

キーワード:親和図


応用情報技術者 H24年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:親和図
錯綜した問題点や、まとまっていない意見、アイディアなどを整理し、まとめるために用いられる。
キーワード:親和図


みんなの正解率:  63%  (38人のうち24人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


応用情報技術者 H24年秋の全キーワードをみる




H24年秋 設問一覧
【問76】国際的な標準として取り決められた会計基準であり、資本市場の国際化に対... 73%
【問77】販売価格が12万円の製品を製造するのに、表のような案Aと案Bがある。... 52%
【問78】ユーザから請負うソフトウェア開発を下請業者に委託する場合、下請代金支... 73%
【問79】請負契約に基づく開発作業はどれか。... 60%
【問80】ソフトウェアやデータに瑕疵がある場合に、製造物責任法の対象となるもの... 71%

 




応用情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]