情報処理技術者試験-NAVI


ソフトウェア開発技術者 H18年春 午前 【問77】 分類:セキュリティと標準化

コンピュータ犯罪の手口の一つであるサラミ法はどれか。

回線の一部に秘密にアクセスして他人のパスワードやIDを盗み出してデータを盗用する方法である。
ネットワークを介して送受信される音声やデータを不正に傍受する方法である。
不正行為が表面化しない程度に、多数の資産から少しずつ詐取する方法である。
プログラム実行後のコンピュータ内部又はその周囲に残っている情報をひそかに探索して、必要情報を入手する方法である。


       


みんなの正解率:  75%  (108人のうち81人が正解)

分類:セキュリティと標準化
キーワード:サラミ法


ソフトウェア開発技術者 H18年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:サラミ法
不正行為が表面化しない程度に、多数の資産から少しずつ詐取する方法。
分類:セキュリティと標準化
キーワード:サラミ法


みんなの正解率:  75%  (108人のうち81人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


ソフトウェア開発技術者 H18年春の全キーワードをみる




H18年春 設問一覧
【問78】JIS Q9001 (ISO 9001) に規定されているものはどれ... 49%
【問79】国際標準化の動向に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 49%
【問80】コンピュータで使われている文字符号の説明のうち、適切なものはどれか。... 74%

 




ソフトウェア開発技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]