情報処理技術者試験-NAVI


ソフトウェア開発技術者 H18年春 午前 【問45】 分類:システムの開発と運用

二つの独立したテストグループA,Bが、あるシステムについて一定期間並行してテストを行い、それぞれNA個及びNB個のエラーを検出した。
このうち、共通のエラーはNAB個であった。このシステムの総エラー数Nを予測する式はどれか。
ここで、NA>0、NB>0、NAB>0とし、グループA,Bのエラーを検出する能力及び効率は等しいものとする。

N=NA+NB−NAB
N=NAB×NA×NB
N= (NA+NB) /NAB
N=NA×NB/NAB


       


みんなの正解率:  58%  (104人のうち60人が正解)

分類:システムの開発と運用


ソフトウェア開発技術者 H18年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:システムの開発と運用


みんなの正解率:  58%  (104人のうち60人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


ソフトウェア開発技術者 H18年春の全キーワードをみる




H18年春 設問一覧
【問48】プログラムの変更管理の実施に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 48%
【問49】多重プログラミングを行っているシステムで、システム全体のスループット... 45%
【問50】ツールレス保守に該当するものはどれか。... 68%
【問51】IPv4のIPアドレスに関する記述のうち、適切なものはどれか。... 56%
【問52】電子メールでMIMEの機能を必要とする場合はどれか。... 46%
【問53】TCPを使用したデータ転送において、受信ノードからの確認応答を待たず... 50%
【問54】誤り検出方式であるCRCに関する記述として、適切なものはどれか。... 60%
【問55】音声のサンプリングを1秒間に11,000回行い、サンプリングした値を... 62%
【問57】LANのアクセス制御方式であるCSMA/CD方式に関する説明として、... 66%
【問59】磁気ディスク装置や磁気テープなどのストレージ (補助記憶装置) を、... 50%

 




ソフトウェア開発技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]