情報処理技術者試験-NAVI


ソフトウェア開発技術者 H18年春 午前 【問72】 分類:セキュリティと標準化

ディジタル署名を利用する目的はどれか。

受信者が署名用の鍵を使って暗号文を元の平文に戻すことができるようにする。
送信者が署名用の鍵を使って作成した書名を平文に付加することによって、受信者が送信者を特定できるようにする。
送信者が署名用の鍵を使って平文を暗号化し、平文の内容を関係者以外に分からないようにする。
送信者が定数を付加した平文を署名用の鍵を使って暗号化し、受信者が復号した定数を確認することによって、メッセージの改ざん部位を特定できるようにする。


       


みんなの正解率:  57%  (107人のうち61人が正解)

分類:セキュリティと標準化
キーワード:ディジタル署名 改ざん


ソフトウェア開発技術者 H18年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:ディジタル署名
受信者は、ハッシュ関数を用いてメッセージからハッシュ符号を生成し、送信者の公開鍵で復号したハッシュ符号と比較する。
分類:セキュリティと標準化
キーワード:ディジタル署名 改ざん


みんなの正解率:  57%  (107人のうち61人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


ディジタル署名
【H27年秋】 手順に示す処理を行ったとき、検証できることはどれか。... 正解率:80%
【H26年秋】 ディジタル署名に用いる鍵の組合せのうち、適切なものはどれか。... 正解率:40%
【H26年春】 SSHの説明はどれか。... 正解率:69%
【H26年秋】 電子メールに用いられるS/MIMEの機能はどれか。... 正解率:100%
【H25年秋】 ディジタル署名において、発信者がメッセージのハッシュ値をからディジタ... 正解率:67%
【H24年春】 ディジタル署名などに用いるハッシュ関数の特徴はどれか。... 正解率:81%

改ざん
【H28年春】 Man-in-the-Browser攻撃に該当するものはどれか。... 正解率:0%
【H27年秋】 手順に示す処理を行ったとき、検証できることはどれか。... 正解率:80%
【H27年春】 利用者PCがボットに感染しているかどうかをhostsファイルで確認す... 正解率:71%
【H27年秋】 企業のWebサイトに接続してWebページを改ざんし、システムの使用目... 正解率:57%
【H26年秋】 電子メールに用いられるS/MIMEの機能はどれか。... 正解率:100%
【H25年秋】 クロスサイトスクリプティングの手口はどれか。... 正解率:65%


ソフトウェア開発技術者 H18年春の全キーワードをみる




H18年春 設問一覧
【問73】IDS (Intrusion Detection System) の... 30%
【問74】送信者がメッセージからブロック暗号 (方式) を用いて生成したメッセ... 35%
【問75】情報システムへの脅威とセキュリティ対策の組合せのうち、適切なものはど... 72%
【問76】情報セキュリティ基本方針文書の取扱いについて、ISMS認証基準に定め... 85%
【問77】コンピュータ犯罪の手口の一つであるサラミ法はどれか。... 75%
【問78】JIS Q9001 (ISO 9001) に規定されているものはどれ... 49%
【問79】国際標準化の動向に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 49%
【問80】コンピュータで使われている文字符号の説明のうち、適切なものはどれか。... 74%

 




ソフトウェア開発技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年秋 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H18年春 [ 午前問題 ]H17年秋 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]
H11年春 [ 午前問題 ]H10年春 [ 午前問題 ]