情報処理技術者試験-NAVI


ITパスポート H24年春 午前 【問7】

CRM の目的として、適切なものはどれか。

長期的視点から顧客と良好な関係を築いて、収益の拡大を図ること
調達から製造、物流、販売までの複数企業にわたる一連のプロセスを改善し、納期、コストの最適化を図ること
部署別に個別管理されている情報を統合し、一元管理することによって、経営資源の有効活用を図ること
部品表と在庫情報を基に、製品を製造するために必要な資材を、いつ、どれだけ購入すべきかを決定すること


       


みんなの正解率:  63%  (68人のうち43人が正解)

キーワード:CRM


ITパスポート H24年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:CRM
企業内のすべての顧客チャネルで情報を共有し、サービスのレベルを引き上げて顧客満足度を高め、顧客ロイヤリティの最適化に結び付ける考え方。
キーワード:CRM


みんなの正解率:  63%  (68人のうち43人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


CRM
【H26年春】 経営管理システムのうち、顧客生涯価値を最大化することを目標の一つとす... 正解率:75%
【H24年秋】 経営戦略上の目標として、"顧客との良好な関係の構築と長期的な利益をも... 正解率:60%
【H21年春】 情報技術を利用して顧客に関する情報を収集、分析し、長期的視点から顧客... 正解率:72%
【H21年秋】 CRM の導入効果として、最も適切なものはどれか。... 正解率:67%
【H20年秋】 顧客や市場からの様々な情報を取り込み、その情報を多様な目的で迅速に活... 正解率:68%
【H19年春】 CRM を説明したものはどれか。... 正解率:69%


ITパスポート H24年春の全キーワードをみる




H24年春 設問一覧
【問8】システム開発における業務要件を定義する目的として、適切なものはどれか... 36%
【問9】X 社の要員をA社に駐在させ、A社のプロジェクトリーダの指示の下でヘ... 71%
【問10】情報戦略に基づいて、開発の対象業務、費用、スケジュール、体制、投資効... 39%
【問11】著作者に断ることなく、コピーや改変を自由に行うことのできる無料のソフ... 31%
【問12】顧客に対する販売手法のうち、クロスセリングの事例として、適切なものは... 73%
【問13】住民基本台帳ネットワークシステム構築の目的として挙げられているものは... 56%
【問14】経営者又は取締役会による企業の経営を、株主などの利害関係者が監督・監... 58%
【問15】A 工場では、製品 X を生産している。... 60%
【問16】著作権法の保護の対象となるものはどれか。... 44%
【問17】企業戦略におけるアライアンスの効果として適切なものはどれか。... 52%

 




ITパスポートの過去年度
H26年春 [ 午前問題 ]H25年秋 [ 午前問題 ]
H25年春 [ 午前問題 ]H24年秋 [ 午前問題 ]
H24年春 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年秋 [ 午前問題 ]H15年春 [ 午前問題 ]