情報処理技術者試験-NAVI


ITパスポート H21年秋 午前 【問27】

製品やサービスの価値を機能とコストの関係で把握し、体系化された手順によって価値の向上を図る手法はどれか。

重要成功要因
バリューエンジニアリング
バリューチェーン
付加価値分析


       


みんなの正解率:  45%  (235人のうち105人が正解)

キーワード:バリューエンジニアリング


ITパスポート H21年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:バリューエンジニアリング


みんなの正解率:  45%  (235人のうち105人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


バリューエンジニアリング
【H25年春】 バリューエンジニアリングにおいて、価値を定義する二つの要素はどれか。... 正解率:75%
【H24年春】 製品開発のライフサイクルにおいて、技術開発や製品の機能設計、ハードウ... 正解率:55%


ITパスポート H21年秋の全キーワードをみる




H21年秋 設問一覧
【問28】組込みシステムの特徴として、最も適切なものはどれか。... 59%
【問29】現行システムの使用を開始してから10年が経過し、その間に業務内容も変... 76%
【問30】ある作業を6人のグループで開始し、3か月が経過した時点で全体の50%... 47%
【問31】サービスデスクがシステムの利用者から障害の連絡を受けた際の対応して、... 71%
【問32】あるシステムの開発において、システムを24時間連続稼働させることにな... 67%
【問33】ソフトウェア詳細設計書に関する記述として、適切なものはどれか。... 70%
【問34】プロジェクトを管理する上で、プロジェクトマネージャが考慮すべき制約条... 52%
【問35】SLA に含めることができることが適切な項目はどれか。... 67%
【問37】ソフトウェア要件として明確に規定すべきものはどれか。... 54%
【問38】ソフトウェア保守に含まれるものはどれか。... 62%

 




ITパスポートの過去年度
H26年春 [ 午前問題 ]H25年秋 [ 午前問題 ]
H25年春 [ 午前問題 ]H24年秋 [ 午前問題 ]
H24年春 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年秋 [ 午前問題 ]H15年春 [ 午前問題 ]