情報処理技術者試験-NAVI


ITパスポート H21年春 午前 【問33】

事業者の基幹となる業務で使用しているシステムにおける障害対策の考え方のうち、最も適切なものはどれか。

障害が発生した際に短時間で復旧できると判断した場合は、混乱を避けるために復旧してから関連部門へ連絡する手順にすべきである。
障害が発生した際には短時間で業務を再開させることが最も重要なので、システムを再起動して業務を再開させてから障害原因を究明する手順にすべきである。
障害が発生した際の対処方法は状況によって異なるので、定められた対応手順よりも、現場での判断を最優先にすると規定すべきである。
障害の発生は避けられないものと考えて、一部の障害によってシステム全体が停止したり、業務が再開できなくなったりしないような対策を準備すべきである。


       


みんなの正解率:  63%  (126人のうち79人が正解)



ITパスポート H21年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:


みんなの正解率:  63%  (126人のうち79人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


ITパスポート H21年春の全キーワードをみる




H21年春 設問一覧
【問34】プロジェクトを立ち上げるときに、最初に行うことはどれか。... 82%
【問35】サービスデスクの主要な業務内容はどれか。... 77%
【問36】プロジェクト管理においてマイルストーンに分類されるものはどれか。... 62%
【問38】ソフトウェア開発プロセスを“要件定義”、“システム設計”、“プログラ... 77%
【問39】IT サービスにおいて、合意したサービス時間中に実際にサービスをどれ... 75%
【問40】システムの運用管理におけるインシデント管理の目的として、適切なものは... 66%
【問41】ファンクションポイント法に関する記述はどれか。... 62%
【問42】入力と出力だけに着目して様々な入力に対して仕様書どおりに出力が得られ... 67%
【問43】発注したソフトウェアが納品されたときに確認する項目として、適切なもの... 73%
【問44】システム監査人の役割はどれか。... 78%

 




ITパスポートの過去年度
H26年春 [ 午前問題 ]H25年秋 [ 午前問題 ]
H25年春 [ 午前問題 ]H24年秋 [ 午前問題 ]
H24年春 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年秋 [ 午前問題 ]H15年春 [ 午前問題 ]