情報処理技術者試験-NAVI


ITパスポート H21年春 午前 【問23】

1個の製品Aは3個の部品Bと2個の部品Cで構成されている。
ある期間の生産計画において、製品Aの需要量が10個であるとき、部品Bの正味所要量(総所要量から引当可能在庫量を差し引いたもの)は何個か。
ここで、部品Bの在庫残が5個あり、ほかの在庫残、仕掛残、注文残、引当残などは考えないものとする。

20
25
30
45


       


みんなの正解率:  67%  (147人のうち99人が正解)



ITパスポート H21年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:


みんなの正解率:  67%  (147人のうち99人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


ITパスポート H21年春の全キーワードをみる




H21年春 設問一覧
【問24】不正アクセス禁止法において違法となる行為はどれか。... 84%
【問25】システム開発における要件定義プロセスを説明したものはどれか。... 45%
【問26】企業の経営戦略策定に使用されるSWOT分析において、外部環境分析の視... 60%
【問28】ジャストインタイム生産方式を説明したものはどれか。... 69%
【問29】経営組織のうち、事業部制組織の説明はどれか。... 57%
【問30】企業の情報戦略を策定する場合、最も考慮すべき事項はどれか。... 72%
【問31】プロダクトライフサイクルに関する記述のうち、最も適切なものはどれか。... 52%
【問32】システム開発プロジェクトにおけるリスク管理として、適切なものはどれか... 80%
【問33】事業者の基幹となる業務で使用しているシステムにおける障害対策の考え方... 63%
【問34】プロジェクトを立ち上げるときに、最初に行うことはどれか。... 82%

 




ITパスポートの過去年度
H26年春 [ 午前問題 ]H25年秋 [ 午前問題 ]
H25年春 [ 午前問題 ]H24年秋 [ 午前問題 ]
H24年春 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H20年秋 [ 午前問題 ]
H20年春 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年秋 [ 午前問題 ]H15年春 [ 午前問題 ]