情報処理技術者試験-NAVI


基本情報技術者 H24年秋 午前 【問45】

安全性や信頼性を確保するための設計のうち、フールプルーフに該当するものはどれか。

装置が故障したときは、システムが安全に停止するようにして、被害を最小限に抑える。
装置が故障したときは、利用できる機能を制限したり、処理能力を低下させたりしでも、システムは稼働させる。
装置が故障しても、システム全体の機能に影響がないように、二重化などの冗長な構成とする。
利用者が誤った操作をしても、システムに異常が起こらないようにする。


       


みんなの正解率:  54%  (97人のうち52人が正解)

キーワード:フールプルーフ


基本情報技術者 H24年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:フールプルーフ
メニュー画面上の使用権限のない機能は、実行できないようにする。
キーワード:フールプルーフ


みんなの正解率:  54%  (97人のうち52人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


フールプルーフ
【H28年秋】 安全性や信頼性を確保するための設計のうち、フールプルーフに該当するも... 正解率:83%
【H23年春】 システムの信頼性設計のうち、フールプルーフを採用した設計はどれか。... 正解率:55%


基本情報技術者 H24年秋の全キーワードをみる




H24年秋 設問一覧
【問46】UML のダイアグラムのうち、インスタンス間の関係を表現するものはど... 64%
【問47】オブジェクト指向におけるカプセル化を説明したものはどれか。... 79%
【問48】ブラックボックステストに関する記述として、適切なものはどれか。... 77%
【問49】運用テストにおける検査内容として、適切なものはどれか。... 72%
【問50】システムの外部設計を完了させるとき、承認を受けるものとして、適切なも... 63%
【問51】プロジェクトスコープマネジメントにおいて、WBS 作成のプロセスで行... 74%
【問52】図のアローダイアグラムにおいて、プロジェクト全体の期間を短縮するため... 51%
【問53】ある新規システムの開発規模を見積もったところ、500 ファンクション... 64%
【問54】データの追加・変更・削除が、少ないながらも一定の頻度で行われるデータ... 48%
【問55】システムの移行方式の一つである一斉移行方式の特徴はどれか。... 66%

 




基本情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H22年春 [ 午前問題 ]
H21年秋 [ 午前問題 ]H21年春 [ 午前問題 ]
H20年秋 [ 午前問題 ]H20年春 [ 午前問題 ]
H19年秋 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]