情報処理技術者試験-NAVI


基本情報技術者 H24年秋 午前 【問78】

親和図法を説明したものはどれか。

事態の進展とともに様々な事象が想定される問題について、対応策を検討し望ましい結果に至るプロセスを定める方法である。
収集した情報を相互の関連によってグループ化し、解決すべき問題点を明確にする方法である。
複雑な要因の絡み合う事象について、その事象間の因果関係を明らかにする方法である。
目的・目標を達成するための手段・方策を順次展開し、最適な手段・方策を追求していく方法である。


       


みんなの正解率:  63%  (71人のうち45人が正解)

キーワード:親和図 親和図法


基本情報技術者 H24年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:親和図
錯綜した問題点や、まとまっていない意見、アイディアなどを整理し、まとめるために用いられる。
キーワード:親和図 親和図法


みんなの正解率:  63%  (71人のうち45人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


親和図法
【H26年春】 他の技法では答えが得られにくい、未来予測のような問題に多く用いられ、... 正解率:44%

親和図

基本情報技術者 H24年秋の全キーワードをみる




H24年秋 設問一覧
【問79】著作権法で保護されるものはどれか。... 51%
【問80】派遣元会社 A 社と派遣先会社 B 社が派遣契約を結び、A 社は社員... 65%

 




基本情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H22年春 [ 午前問題 ]
H21年秋 [ 午前問題 ]H21年春 [ 午前問題 ]
H20年秋 [ 午前問題 ]H20年春 [ 午前問題 ]
H19年秋 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]