情報処理技術者試験-NAVI


テクニカルエンジニア (データベース) H18年春 午前 【問47】 分類:セキュリティと標準化

ディジタル署名を利用する目的はどれか。

受信者が署名用の鍵を使って暗号文を元の平文に戻すことができるようにする。
送信者が署名用の鍵を使って作成した書名を平文に付加することによって、受信者が送信者を特定できるようにする。
送信者が署名用の鍵を使って平文を暗号化し、平文の内容を関係者以外に分からないようにする。
送信者が定数を付加した平文を署名用の鍵を使って暗号化し、受信者が復号した定数を確認することによって、メッセージの改ざん部位を特定できるようにする。


       


みんなの正解率:  62%  (114人のうち71人が正解)

分類:セキュリティと標準化
キーワード:ディジタル署名 改ざん


テクニカルエンジニア (データベース) H18年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:ディジタル署名
受信者は、ハッシュ関数を用いてメッセージからハッシュ符号を生成し、送信者の公開鍵で復号したハッシュ符号と比較する。
分類:セキュリティと標準化
キーワード:ディジタル署名 改ざん


みんなの正解率:  62%  (114人のうち71人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


ディジタル署名
【H21年春】 ディジタル証明書をもつ A 氏が、B 商店に対し電子メールを使って商... 正解率:93%
【H17年春】 SAML(Security Assertion Markup Lan... 正解率:53%
【H15年春】 個人情報の保護制度の現状に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 正解率:38%
【H15年春】 米国で運用されたTCSECや欧州政府調達用のITSECを統合して、標... 正解率:64%
【H14年春】 2000年改定のISO 9000シリーズに取り入れられた、... 正解率:58%
【H14年春】 ”共通フレーム98 (SLCP-JCF98) ”に関する記述として、... 正解率:46%

改ざん
【H17年春】 コンピュータセキュリティ対策に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 正解率:54%
【H17年春】 SAML(Security Assertion Markup Lan... 正解率:53%
【H14年春】 暗号技術には、共通かぎ暗号方式と公開かぎ暗号方式があり、近年この両者... 正解率:60%
【H14年春】 2000年改定のISO 9000シリーズに取り入れられた、... 正解率:58%
【H14年春】 ”共通フレーム98 (SLCP-JCF98) ”に関する記述として、... 正解率:46%


テクニカルエンジニア (データベース) H18年春の全キーワードをみる




H18年春 設問一覧
【問48】IDS (Intrusion Detection System) の... 35%
【問49】送信者がメッセージからブロック暗号 (方式) を用いて生成したメッセ... 29%
【問50】情報システムへの脅威とセキュリティ対策の組合せのうち、適切なものはど... 59%
【問51】SSLの利用に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 62%
【問52】情報セキュリティ基本方針文書の取扱いについて、ISMS認証基準に定め... 71%
【問53】JIS Q9001 (ISO 9001) に規定されているものはどれ... 65%
【問54】国際標準化の動向に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 40%
【問55】コンピュータで使われている文字符号の説明のうち、適切なものはどれか。... 57%

 




テクニカルエンジニア (データベース)の過去年度
H26年春 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年春 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年春 [ 午前問題 ]H21年春 [ 午前問題 ]
H19年春 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年春 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]
H15年春 [ 午前問題 ]H14年春 [ 午前問題 ]
H13年春 [ 午前問題 ]H12年春 [ 午前問題 ]