情報処理技術者試験-NAVI


基本情報技術者 H19年春 午前 【問76】 分類:情報化と経営

乱数を応用して、求める解や法則性の近似を得る手法はどれか。

クラスタ分析法
指数平滑法
デルファイ法
モンテカルロ法


       


みんなの正解率:  40%  (402人のうち162人が正解)

分類:情報化と経営
キーワード:クラスタ分析法 デルファイ法 モンテカルロ法 指数平滑法


基本情報技術者 H19年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:デルファイ法
現在の動向から未来を予測したり、システム分析に使用したりする手法であり、専門的知識や経験を有する複数の人にアンケート調査を行い、その結果を互いに参照した上で調査を繰り返して、集団としての意見を収束させる手法。
分類:情報化と経営
キーワード:クラスタ分析法 デルファイ法 モンテカルロ法 指数平滑法


みんなの正解率:  40%  (402人のうち162人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード

デルファイ法
【H26年春】 他の技法では答えが得られにくい、未来予測のような問題に多く用いられ、... 正解率:45%
【H22年秋】 リスク識別に使用する技法の一つであるデルファイ法の説明はどれか。... 正解率:50%

モンテカルロ法
【H28年秋】 プロジェクトのスケジュールを短縮するために、アクティビティに割り当て... 正解率:50%


クラスタ分析法

基本情報技術者 H19年春の全キーワードをみる




H19年春 設問一覧
【問77】表の条件で、1回の発注量を40個とする場合を、1回の発注量を100個... 34%
【問79】IC タグ (RFID) の特徴はどれか。... 60%
【問80】コンピュータプログラムなどの著作物に関する記述のうち、適切なものはど... 59%

 




基本情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H22年春 [ 午前問題 ]
H21年秋 [ 午前問題 ]H21年春 [ 午前問題 ]
H20年秋 [ 午前問題 ]H20年春 [ 午前問題 ]
H19年秋 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]