情報処理技術者試験-NAVI


基本情報技術者 H19年春 午前 【問72】 分類:情報化と経営

毎年1,000,000個の製品を生産している向上がある。
不良率は5%であり、不良品1個当たりの損失額は10円である。
不良率を低減させ、製品1個当たりのコストを削減させるために、表に示す機器A,Bの導入を検討している。
生産量、不良品1個当たりの損失額は変わらず、機器はそれぞれ5年間使用する。
機器の導入によるコスト見積りに関する記述のうち、適切なものはどれか。

 導入後の期待不良率導入金額
機器A3.5%80万円
機器B1.5%160万円


機器Aはコスト削減が期待できるが、機器Bではコスト増加になる。
機器Bはコスト削減が期待できるが、機器Aではコスト増加になる。
どちらの機器を導入しても、コスト削減が期待できる。
どちらの機器を導入しても、コストは導入前と変わらない。


       


みんなの正解率:  49%  (95人のうち47人が正解)

分類:情報化と経営


基本情報技術者 H19年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:情報化と経営


みんなの正解率:  49%  (95人のうち47人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


基本情報技術者 H19年春の全キーワードをみる




H19年春 設問一覧
【問73】表の条件でA〜Eの商品を販売したときの機会損失は何千円か。... 46%
【問74】システムの運用設計においては、運用操作ミスを防止するために、あらゆる... 53%
【問75】パレート図を説明したものはどれか。... 44%
【問76】乱数を応用して、求める解や法則性の近似を得る手法はどれか。... 40%
【問77】表の条件で、1回の発注量を40個とする場合を、1回の発注量を100個... 34%
【問79】IC タグ (RFID) の特徴はどれか。... 60%
【問80】コンピュータプログラムなどの著作物に関する記述のうち、適切なものはど... 60%

 




基本情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H22年春 [ 午前問題 ]
H21年秋 [ 午前問題 ]H21年春 [ 午前問題 ]
H20年秋 [ 午前問題 ]H20年春 [ 午前問題 ]
H19年秋 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]