情報処理技術者試験-NAVI


基本情報技術者 H19年春 午前 【問6】 分類:コンピュータ科学基礎

関数f (x) は、引数も戻り値も実数型である。
この関数を使った、(1)〜(5)から成る手続を考える。
手続の実行を開始してから十分な回数を繰り返した後に、(3)で表示されるyの値に変化がなくなった。
このとき成立する関係式はどれか。

(1) x ← a
(2) y ← f(x)
(3) y の値を表示する。
(4) x ← y
(5)(2)に戻る。

f (a) =y
f (y) =0
f (y) =a
f (y) =y


       


みんなの正解率:  43%  (159人のうち69人が正解)

分類:コンピュータ科学基礎


基本情報技術者 H19年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:コンピュータ科学基礎


みんなの正解率:  43%  (159人のうち69人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


基本情報技術者 H19年春の全キーワードをみる




H19年春 設問一覧
【問7】A〜Jの10種類の文字を用いて、長さ1以上3以下の文字列を作る。... 57%
【問9】論理型の変数A、Bの値に対して、次の条件文と同値になるものはどれか。... 63%
【問10】8ビットのレジスタがある。このレジスタの各ビットの値をd0、d1、・... 57%
【問14】配列A[i] (i=1、2、・・・、n) を、次のアルゴリズムによっ... 52%
【問15】表探索におけるハッシュ法の特徴はどれか。... 68%
【問16】DRAMの特徴はどれか。... 40%
【問17】二つの入力と一つの出力をもつ論理回路で、二つの入力A、Bがともに1の... 56%
【問18】命令語に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 55%
【問19】あるプログラムは、命令a〜dを次の順で実行する。... 49%
【問20】主記憶のアクセス時間60ナノ秒、キャッシュメモリのアクセス時間10ナ... 52%

 




基本情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H22年春 [ 午前問題 ]
H21年秋 [ 午前問題 ]H21年春 [ 午前問題 ]
H20年秋 [ 午前問題 ]H20年春 [ 午前問題 ]
H19年秋 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]