情報処理技術者試験-NAVI


高度共通午前1 H25年春 午前 【問25】

業務要件定義において、業務フローを記述する際に、処理の分岐也並列処理、処理の同期などを表現できる図はどれか。

アクティビティ図
クラス図
状態遷移図
ユースケース図


       


みんなの正解率:  49%  (145人のうち71人が正解)

キーワード:アクティビティ図 クラス クラス図 ユースケース ユースケース図 状態遷移 状態遷移図


高度共通午前1 H25年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:アクティビティ図 クラス クラス図 ユースケース ユースケース図 状態遷移 状態遷移図


みんなの正解率:  49%  (145人のうち71人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


アクティビティ図
【H22年春】 UML 2.0 において、オブジェクト指向の相互作用を時間の経過に注... 正解率:74%

クラス
【H23年秋】 元のデータベースと同じ内容の複製データベースを用意しておき、元のデー... 正解率:68%
【H22年秋】 マッシュアップに該当するものはどれか。... 正解率:65%
【H22年秋】 観測データを類似性によって集団や群に分類し、その特徴となる要因を分析... 正解率:56%

クラス図
【H23年春】 図は "顧客が商品を注文する" を表現した UML のクラス図である... 正解率:68%

ユースケース図
【H22年春】 UML 2.0 において、オブジェクト指向の相互作用を時間の経過に注... 正解率:74%

状態遷移
【H24年秋】 ソフトウェアの要件定義や分析・設計で用いられる技法に関する記述のうち... 正解率:62%

状態遷移図
【H24年秋】 ソフトウェアの要件定義や分析・設計で用いられる技法に関する記述のうち... 正解率:62%

ユースケース

高度共通午前1 H25年春の全キーワードをみる