情報処理技術者試験-NAVI


高度共通午前1 H25年春 午前 【問17】

ソフトウェアの使用性を評価する指標の目標設定の例として、適切なものはどれか。

ソフトウェアに障害が発生してから1時間以内に、利用者が利用できること
利用者が使用したい機能の改善を、1週間以内に実装できること
利用者が使用したい機能を、100% 提供できていること
利用者が、使用したいソフトウェアの使用方法を1時間以内で習得できること


       


みんなの正解率:  58%  (153人のうち88人が正解)

キーワード:使用性


高度共通午前1 H25年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:使用性


みんなの正解率:  58%  (153人のうち88人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


高度共通午前1 H25年春の全キーワードをみる




H25年春 設問一覧
【問18】プロジェクトで発生している品質問題を解決するために、図を作成して原因... 53%
【問19】プロジェクト要員がインフルエンザに感染することを予防するために、"ワ... 51%
【問20】SLA を説明したものはどれか。... 88%
【問21】情報セキュリティに関する従業員の責任について、"情報セキュリティ管理... 73%
【問22】特権 ID (システムの設定やデータ追加、変更、削除及びそれらの権限... 81%
【問23】物流業務において、10% の物流コストの削減の目標を立てて、図のよう... 56%
【問24】スマートグリッドの説明はどれか。... 76%
【問25】業務要件定義において、業務フローを記述する際に、処理の分岐也並列処理... 49%
【問26】プロダクトポートフォリオマネジメント (PPM) において、投資用の... 57%
【問27】MRP の特徴はどれか。... 63%

 




高度共通午前1の過去年度
H25年春 [ 午前問題 ]H24年秋 [ 午前問題 ]
H24年春 [ 午前問題 ]H23年秋 [ 午前問題 ]
H23年春 [ 午前問題 ]H22年秋 [ 午前問題 ]
H22年春 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]