情報処理技術者試験-NAVI


高度共通午前1 H25年春 午前 【問30】

発注者と受注者の間でソフトウェア開発における請負契約を締結した。
ただし、発注者の事業所で作業を実施することになっている。
この場合、指揮命令権と雇用契約に関して、適切なものはどれか。

指揮命令権は発注者にあり、更に、発注者の事業所での作業を実施可能にするために、受注者に所属する作業者は、新たな雇用契約を発注者と結ぶ。
指揮命令権は発注者にあり、受注者に所属する作業者は、新たな雇用契約を発注者と結ぶことなく、発注者の事業所で作業を実施する。
指揮命令権は発注者にないが、発注者の事業所で作業を実施可能にするために、発注者に所属する作業者は、新たな雇用契約を発注者と結ぶ。
指揮命令権は発注者になく、受注者に所属する作業者は、新たな雇用契約を発注者と結ぶことなく、発注者の事業所で作業を実施する。


       


みんなの正解率:  72%  (145人のうち105人が正解)

キーワード:請負 請負契約


高度共通午前1 H25年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
請負契約の場合、指揮命令権は発注者にはありません。
また、作業者は発注者と新たな雇用契約を発注者と結ぶこともありません。
ア 指揮命令権は発注者にはない。
イ 指揮命令権は発注者にはない。
ウ 作業者は発注者と新たな雇用契約を発注者と結ぶことはできない。
キーワード:請負 請負契約


みんなの正解率:  72%  (145人のうち105人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード

請負

高度共通午前1 H25年春の全キーワードをみる




H25年春 設問一覧

 




高度共通午前1の過去年度
H25年春 [ 午前問題 ]H24年秋 [ 午前問題 ]
H24年春 [ 午前問題 ]H23年秋 [ 午前問題 ]
H23年春 [ 午前問題 ]H22年秋 [ 午前問題 ]
H22年春 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]