情報処理技術者試験-NAVI


高度共通午前1 H25年春 午前 【問7】

メインプログラムを実行した後、メインプログラムの変数X,Yの値は幾つになるか。
ここで、仮引数Xは値呼出し (call by value)、仮引数Yは参照呼出し (call by reference) であるとする。

メインプログラム
X=2;
Y=2;

add(X,Y);


手続 add(X, Y)
X=X+Y;
Y=X+Y;

return;


XY
24
26
42
48




       


みんなの正解率:  62%  (182人のうち113人が正解)

キーワード:値呼出し 参照呼出


高度共通午前1 H25年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:値呼出し
サブルーチンへの引数の渡し方のうち、変数を引数として渡しても、サブルーチンの実行後に変数の値が変更されないことが保証されている。
キーワード:値呼出し 参照呼出


みんなの正解率:  62%  (182人のうち113人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード

値呼出し

高度共通午前1 H25年春の全キーワードをみる




H25年春 設問一覧
【問8】RFID のパッシブ方式 RF タグの説明として、適切なものはどれか... 63%
【問9】音声などのアナログデータをディジタル化するために用いられる PCM... 74%
【問10】クライアントサーバシステムにおいて、クライアント側からストアドプロシ... 76%
【問11】"プログラマは全て社員であり、社員の 10% を占める。社員は社員番... 63%
【問12】HTTPS 通信において、暗号化とサーバ認証に使用されるものはどれか... 86%
【問13】公開鍵暗号方式を使って、n 人が相互に通信する場合、全体で何個の異な... 70%
【問14】ソーシャルエンジニアリング手法を利用した標的型攻撃メールの特徴はどれ... 85%
【問15】パケットフィルタリング型ファイアウォールのフィルタリングルールを用い... 82%
【問16】図は"顧客が商品を注文する"を表現した UML のクラス図である。... 58%
【問17】ソフトウェアの使用性を評価する指標の目標設定の例として、適切なものは... 58%

 




高度共通午前1の過去年度
H25年春 [ 午前問題 ]H24年秋 [ 午前問題 ]
H24年春 [ 午前問題 ]H23年秋 [ 午前問題 ]
H23年春 [ 午前問題 ]H22年秋 [ 午前問題 ]
H22年春 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]