情報処理技術者試験-NAVI


基本情報技術者 H18年秋 午前 【問24】 分類:コンピュータシステム

シリアルATAの特徴として、適切なものはどれか。

1本のケーブルにマスタとスレーブの2台が接続できる。
内臓ハードディクス専用の規格である。
複数のポートを束ねて用いることによって高速化できる。
ポートマルチプライヤを用いてポート数が拡張できる。


       


みんなの正解率:  28%  (1672人のうち472人が正解)

分類:コンピュータシステム
キーワード:シリアルATA


基本情報技術者 H18年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:コンピュータシステム
キーワード:シリアルATA


みんなの正解率:  28%  (1672人のうち472人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


シリアルATA
【H19年春】 接続コードを使用せずに、手元のPCから、間仕切りで隔てられた隣のPC... 正解率:67%


基本情報技術者 H18年秋の全キーワードをみる




H18年秋 設問一覧
【問25】液晶ディスプレイと比較した場合、有機ELディスプレイの特徴として、適... 60%
【問26】横1,600画素、縦1,200画素で、24ビットのカラー情報をもつ画... 56%
【問28】入出力処理が主体のタスクをタイプA、CPU処理が主体のタスクをタイプ... 52%
【問30】スプーリングの説明として、適切なものはどれか。... 68%
【問31】クライアントサーバシステムにおけるRPCの説明として、適切なものはど... 34%
【問32】稼働率0.9の装置を用いて、稼働率0.999以上の多重化システムを作... 62%
【問33】稼働率が大きくなるものはどれか。... 61%
【問34】フェールセーフ設計の考え方に該当するものはどれか。... 58%
【問35】企業の様々な活動を介して得られた大量のデータを目的別に整理・統合して... 64%
【問36】コンパイラにおける最適化の説明として、適切なものはどれか。... 60%

 




基本情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H22年春 [ 午前問題 ]
H21年秋 [ 午前問題 ]H21年春 [ 午前問題 ]
H20年秋 [ 午前問題 ]H20年春 [ 午前問題 ]
H19年秋 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]