情報処理技術者試験-NAVI


情報セキュリティアドミニストレータ H18年秋 午前 【問54】 分類:監査

監査対象である開発プロジェクトは開発期間12か月、開発費用3,000万円であり、予想される期待効果は、稼働開始後1年間は1,000万円、2年目からは月間200万円が見込まれる。
また、システムの運用費用は毎月100万円である。

このプロジェクトの単純回収期間法による投資回収期間は、稼働開始を基点として何年何か月になるか。
ただし、開発期間12か月で稼働開始できたものとする。

2年8か月
3年8か月
4年8か月
回収不能


       


みんなの正解率:  50%  (113人のうち56人が正解)

分類:監査
キーワード:監査


情報セキュリティアドミニストレータ H18年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:監査
キーワード:監査


みんなの正解率:  50%  (113人のうち56人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


監査
【H26年春】 システム監査報告書に記載された改善勧告に対して、被監査部門から提出さ... 正解率:82%
【H25年秋】 被監査企業が SaaS をサービスを利用契約して業務を実施している場... 正解率:81%
【H25年春】 新システムへの移行に関するシステム監査で確認した状況のうち、指摘事項... 正解率:88%
【H24年秋】 2011 年に経済産業省が公表した"クラウドサービス利用のための情報... 正解率:68%
【H24年秋】 システム監査で用いる統計的サンプリングに関する記述のうち、適切なもの... 正解率:52%
【H24年春】 内部監査として実施したシステム監査で、問題点の検出後、改善勧告を行う... 正解率:78%


情報セキュリティアドミニストレータ H18年秋の全キーワードをみる