情報処理技術者試験-NAVI


情報セキュリティアドミニストレータ H18年秋 午前 【問52】 分類:監査

メーカのA社は、A社が設計しB社がコーディングしたソフトウェアをROMに組み込み、そのROMを部品とした製品Xを製造し、販売会社であるC社に卸している。
C社は、この製品Xに”製造元A社”と表示し、一般消費者に販売した。
ある消費者が購入した製品Xを使用したところ、ROMに組み込まれたソフトウェアの欠陥によってけがをした。
原因はソフトウェアの設計ミスであった。
製造物責任法 (PL法) 上、製造物責任を問われる企業はどれか。

A
AとB
AとC
AとBとC


       


みんなの正解率:  66%  (131人のうち87人が正解)

分類:監査
キーワード:PL法 ROM 製造物責任法


情報セキュリティアドミニストレータ H18年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:監査
キーワード:PL法 ROM 製造物責任法


みんなの正解率:  66%  (131人のうち87人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード

ROM
【H25年秋】 送信元を詐称した電子メールを拒否するために、SPF (Sender... 正解率:72%
【H24年春】 送信元を詐称した電子メールを拒否するために、SPF (Sender... 正解率:76%
【H22年秋】 送信元を詐称した電子メールを拒否するために、SPF (Sender... 正解率:61%
【H22年秋】 和両立である R (差集合 R-S を求める SELECT 文とする... 正解率:73%
【H17年秋】 製造業のA社では、NC工作機械を用いて、四つの仕事a〜dを行っている... 正解率:62%
【H15年秋】 MPEG の規格には解像度と圧縮率の違いによって幾つかの種類がある。... 正解率:88%


PL法

情報セキュリティアドミニストレータ H18年秋の全キーワードをみる