情報処理技術者試験-NAVI


情報セキュリティアドミニストレータ H18年秋 午前 【問51】 分類:監査

プロジェクトマネージのP氏は、A社から受託予定のソフトウェア開発を行うために、X社から一時的な要員派遣を受けることを検討している。
労働者派遣法に照らして適切なものはどれか。

厳しいスケジュールが見込まれることから、期間内での担当業務の完遂を条件とし、未達の場合に備えてペナルティ条項を記した契約案をX社に提示した。
前回のプロジェクトの成功に大きく貢献したX社のY氏の参加を指名した。
派遣される要員のスキルを適切に判断しようと考え、事前にX社の派遣候補者を面接した。
派遣者への業務指示など、派遣に伴う各種業務をP氏が直接行うことをX社に伝えた。


       


みんなの正解率:  69%  (121人のうち84人が正解)

分類:監査
キーワード:労働者派遣法


情報セキュリティアドミニストレータ H18年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:監査
キーワード:労働者派遣法


みんなの正解率:  69%  (121人のうち84人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


労働者派遣法
【H15年秋】 労働者派遣法に基づいた労働者の派遣において、労働者派遣契約関係が存在... 正解率:69%
【H15年秋】 刑法の電子計算機使用詐欺罪が適用される違法行為はどれか。... 正解率:54%
【H15年秋】 国税関係帳簿の保存に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 正解率:63%
【H15年秋】 システム監査人が“実施した監査の範囲と監査手続の概要”をシステム監査... 正解率:63%
【H15年秋】 情報システムの安全性のコントロールに関する監査証跡はどれか。... 正解率:76%
【H15年秋】 情報システムの変更管理を監査する場合、個別計画書の“監査手続”欄に記... 正解率:62%


情報セキュリティアドミニストレータ H18年秋の全キーワードをみる