情報処理技術者試験-NAVI


データベーススペシャリスト H21年春 午前 【問21】

あるトランザクションの応答時間は、サーバ処理時間 100 ミリ秒、総回線伝送時間 400 ミリ秒及び端末処理時間 500 ミリ秒の合計からなる。
この応答時間を最も短縮させる対策はどれか。
ここで、オーバヘッドは無視するものとする。

サーバ処理時間を 40% と総回線伝送時間を 10% 改善する。
サーバ処理時間を 80% 改善する。
総回線伝送時間を 20% 改善する。
端末処理時間を 20% 改善する。


       


みんなの正解率:  79%  (39人のうち31人が正解)

キーワード:トランザクション


データベーススペシャリスト H21年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:トランザクション


みんなの正解率:  79%  (39人のうち31人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


トランザクション
【H26年春】 トランザクションの直列化可能性 (serializability)... 正解率:68%
【H26年春】 システム障害発生時には、データベースの整合性を保ち、かつ、最新のデー... 正解率:79%
【H26年春】 データベースのトランザクション T2 の振る舞いのうち、ダーティリー... 正解率:72%
【H26年春】 DBMS において、デッドロックを検出するために使われるデータ構造は... 正解率:78%
【H26年春】 Web アプリケーションサーバと DB サーバが各1台で構成される... 正解率:71%
【H25年春】 トランザクションの隔離性水準のうち、次の(1)、(2)に該当するSQ... 正解率:62%


データベーススペシャリスト H21年春の全キーワードをみる