情報処理技術者試験-NAVI


データベーススペシャリスト H21年春 午前 【問24】

ソフトウェアを保守するときなどに利用される技術であるリバースエンジニアリングの説明としてはどれか。

ソースプログラムを解析してプログラム仕様書を作る。
ソースプログラムを探索して修正個所や影響度を調べる。
ソースプログラムを見直して構造化プログラムに変換する。
ソースプログラムを分かりやすい表現に書き換える。


       


みんなの正解率:  91%  (44人のうち40人が正解)

キーワード:リバースエンジニアリング


データベーススペシャリスト H21年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:リバースエンジニアリング
モデリングツールを使用して、本稼働中のデータベースシステムの定義情報から E-R 図などで表現した設計書を生成する手法。
キーワード:リバースエンジニアリング


みんなの正解率:  91%  (44人のうち40人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


リバースエンジニアリング
【H19年春】 ソフトウェアの再利用技術のうち、リバースエンジニアリングを説明したも... 正解率:80%
【H15年春】 ソフトウェア開発におけるリポジトリの説明として、適切なものはどれか。... 正解率:65%


データベーススペシャリスト H21年春の全キーワードをみる