情報処理技術者試験-NAVI


基本情報技術者 H25年秋 午前 【問75】

製品 X 及び Y を生産するために2種類の原料 A、B が必要である。
製品1個の生産に必要となる原料の量と調達可能量は表に示すとおりである。
製品 X と Y の1個当たりの販売利益が、それぞれ100円、150円であるとき、最大利益は何円か。

原料製品Xの1個当たりの必要量製品Yの1個当たりの必要量調達可能量
A21100
B1280

5,000
6,000
7,000
8,000


       


みんなの正解率:  67%  (42人のうち28人が正解)



基本情報技術者 H25年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:


みんなの正解率:  67%  (42人のうち28人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード
キーワードなし


基本情報技術者 H25年秋の全キーワードをみる




H25年秋 設問一覧
【問76】図は特性要因図の一部を表したものである。... 74%
【問77】ある商品の前月繰越と受払いが表のとおりであるとき、先入先出法によって... 86%
【問78】A社は、B社と著作物の権利に関する特段の取決めをせず、A社の要求仕様... 64%
【問79】A社はB社に対して業務システムの開発を委託し、A社とB社は請負契約を... 57%
【問80】個人情報に関する記述のうち、個人情報保護法に照らして適切なものはどれ... 69%

 




基本情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H22年春 [ 午前問題 ]
H21年秋 [ 午前問題 ]H21年春 [ 午前問題 ]
H20年秋 [ 午前問題 ]H20年春 [ 午前問題 ]
H19年秋 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]