情報処理技術者試験-NAVI


基本情報技術者 H25年秋 午前 【問47】

ソフトウェアの分析・設計技法のうち、データ中心分析・設計技法の特徴として、最も適切なものはどれか。

機能の詳細化の過程で、モジュールの独立性が高くなるようにプログラムを分割していく。
システムの開発後の仕様変更は、データ構造や手続を局所的に変更したり追加したりすることによって、比較的容易に実現できる。
対象業務領域のモデル化に当たって、情報資源のデータ構造に着目する。
プログラムが最も効率よくアクセスできるようにデータ構造を設計する。


       


みんなの正解率:  67%  (21人のうち14人が正解)

キーワード:独立性 設計技法


基本情報技術者 H25年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:独立性 設計技法


みんなの正解率:  67%  (21人のうち14人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


独立性
【H28年春】 トランザクションが、データベースに対する更新処理を完全に行なうか、全... 正解率:50%
【H27年春】 システム監査実施体制のうち、システム監査人の独立性の観点から... 正解率:88%
【H26年春】 トランザクションが、データベースに対する更新処理を完全に行なうか、全... 正解率:44%
【H24年春】 システム監査人の独立性が保たれている状況はどれか。... 正解率:75%
【H23年春】 小売業におけるフランチャイズチェーンを説明したものはどれか。... 正解率:67%
【H22年春】 システム監査人の独立性が保たれている状況はどれか。... 正解率:59%

設計技法
【H26年秋】 システム開発で用いる設計技法のうち、決定表を説明したものはどれか。... 正解率:77%


基本情報技術者 H25年秋の全キーワードをみる




H25年秋 設問一覧
【問48】オブジェクト指向開発において、オブジェクトのもつ振る舞いを記述したも... 58%
【問49】プログラム実行中の特定の時点で成立する変数間の関係や条件を記述した論... 69%
【問50】トップダウン方式で結合テストを行うとき、特に必要となるものはどれか。... 62%
【問51】プロジェクトの特性はどれか。... 73%
【問52】ソフトウェア開発においてWBS(Work Breakdown Str... 67%
【問53】図は作業A〜Eで構成されるプロジェクトのアローダイアグラムである。... 50%
【問54】全部で100画面から構成されるシステムの画面作成作業において、規模が... 58%
【問55】ファンクションポイント法の説明はどれか。... 78%
【問56】SLAを策定する際の方針のうち、適切なものはどれか。... 61%
【問57】データのバックアップ方法に関する記述のうち、最も適切なものはどれか。... 65%

 




基本情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H22年春 [ 午前問題 ]
H21年秋 [ 午前問題 ]H21年春 [ 午前問題 ]
H20年秋 [ 午前問題 ]H20年春 [ 午前問題 ]
H19年秋 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]