情報処理技術者試験-NAVI


テクニカルエンジニア (データベース) H17年春 午前 【問53】 分類:セキュリティと標準化

SLCP-JCF98(Software Life Cyc1e Processes-Japan Common Frame 98)策定の目的はどれか。

取得者と供給者の二者間取引におけるシステムの使用開始から終了までの使用条件を
定めること
取得者と供給者の二者間取引に共通の物差しを用いて取引を明確化すること
取得者と供給者の二者間取引の契約条件をパターン化すること
取得者と供給者の二者間取引のトラブルを回避するためのガイドラインを定めること


       


みんなの正解率:  71%  (41人のうち29人が正解)

分類:セキュリティと標準化
キーワード:SLCP


テクニカルエンジニア (データベース) H17年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:セキュリティと標準化
キーワード:SLCP


みんなの正解率:  71%  (41人のうち29人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


SLCP
【H19年春】 ”共通フレーム98 (SLCP-JCF98) ”は、システム開発作業... 正解率:51%
【H18年春】 国際標準化の動向に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 正解率:41%
【H14年春】 ”共通フレーム98 (SLCP-JCF98) ”に関する記述として、... 正解率:46%
【H13年春】 共通フレーム (SLCP-JCF98) に関する記述のうち、適切なも... 正解率:64%


テクニカルエンジニア (データベース) H17年春の全キーワードをみる