情報処理技術者試験-NAVI


基本情報技術者 H28年春 午前 【問74】 分類:ビジネスインダストリ

ロングテールを説明したものはどれか。

一般に80:20という経験則として知られ、企業の売上の80%は全商品の上位20%の売れ筋商品で構成される、又は品質不良による損失額の80%は全不良原因の上位20%の原因に由来する。
インターネットを活用したオンラインショップなどでは、販売機会が少ない商品でもアイテム数を幅広く取りそろえることによって、機会損失のリスクを減らす効果がある。
企業が複数の事業活動を同時に営むことによって、経営資源の共有が可能になり、それを有効に利用することで、それぞれの事業を独立に行っているときよりもコストが相対的に低下する。
ネットワークに加入している者同士が相互にアクセスできる有用性を"ネットワークの価値"とすれば、ネットワークの価値は加入者数の2乗に近似的に比例する。


       


みんなの正解率:  100%  (1人のうち1人が正解)

分類:ストラテジ系 > 経営戦略 > ビジネスインダストリ
キーワード:リスク ロングテール


基本情報技術者 H28年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:ロングテール
インターネットショッピングで売上の全体に対して、あまり売れない商品の売上合計の占める割合が無視できない割合になる。
分類:ストラテジ系 > 経営戦略 > ビジネスインダストリ
キーワード:リスク ロングテール


みんなの正解率:  100%  (1人のうち1人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード


リスク
【H28年秋】 コストプラス法による価格設定方法を表すものはどれか。... 正解率:70%
【H27年秋】 プロジェクトのリスクに対応する戦略として、損害発生時のリスクに備え、... 正解率:38%
【H27年春】 コストプラス法による価格設定方法を表すものはどれか。... 正解率:60%
【H26年秋】 リスクアセスメントに関する記述のうち、適切なものはどれか。... 正解率:60%
【H26年秋】 PMBOKによれば、プロジェクトのリスクマネジメントにおいて、脅威に... 正解率:69%
【H26年春】 システム設計の段階において、利用者要件が充足されないリスクを低減する... 正解率:71%

ロングテール
【H26年春】 ロングテールの説明はどれか。... 正解率:73%


基本情報技術者 H28年春の全キーワードをみる




H28年春 設問一覧
【問75】企業経営の透明性を確保するために、企業はだれのために経営を行っている... 100%
【問76】プロジェクト組織を説明したものはどれか。... 100%
【問77】ある工場では、これまでに発生した不良品について、発生要因ごとの件数を... 67%
【問78】財務諸表のうち、一定時点における企業の資産、負債及び純資産を表示し、... 100%
【問79】著作権法において、保護の対象と... 67%
【問80】A社がシステム開発を行うに当たり、外部業者B社を利用する場合の契約に... 67%

 




基本情報技術者の過去年度
H28年秋 [ 午前問題 ]H28年春 [ 午前問題 ]
H27年秋 [ 午前問題 ]H27年春 [ 午前問題 ]
H26年秋 [ 午前問題 ]H26年春 [ 午前問題 ]
H25年秋 [ 午前問題 ]H25年春 [ 午前問題 ]
H24年秋 [ 午前問題 ]H24年春 [ 午前問題 ]
H23年秋 [ 午前問題 ]H23年春 [ 午前問題 ]
H22年秋 [ 午前問題 ]H22年春 [ 午前問題 ]
H21年秋 [ 午前問題 ]H21年春 [ 午前問題 ]
H20年秋 [ 午前問題 ]H20年春 [ 午前問題 ]
H19年秋 [ 午前問題 ]H19年春 [ 午前問題 ]
H18年秋 [ 午前問題 ]H18年春 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H17年春 [ 午前問題 ]
H16年秋 [ 午前問題 ]H16年春 [ 午前問題 ]