情報処理技術者試験-NAVI


高度共通午前1 H22年春 午前 【問30】

プログラムの著作権について、著作権法上適法である行為はどれか。

海賊版を複製したプログラムと事前に知りながら入手し、業務で使用した。
業務処理用に購入したプログラムを複製し、社内教育用として各部門に配布した。
職務著作のプログラムを、作成した担当者が無断で複製し協力会社に貸与した。
処理速度の向上など、購入したプログラムを効果的に利用するために改変した。


       


みんなの正解率:  61%  (665人のうち406人が正解)

キーワード:著作権 著作権法


高度共通午前1 H22年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:著作権 著作権法


みんなの正解率:  61%  (665人のうち406人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード

著作権
【H24年秋】 プログラムの著作権侵害に該当するものはどれか。... 正解率:74%



高度共通午前1 H22年春の全キーワードをみる




H22年春 設問一覧

 




高度共通午前1の過去年度
H25年春 [ 午前問題 ]H24年秋 [ 午前問題 ]
H24年春 [ 午前問題 ]H23年秋 [ 午前問題 ]
H23年春 [ 午前問題 ]H22年秋 [ 午前問題 ]
H22年春 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]