情報処理技術者試験-NAVI


高度共通午前1 H22年春 午前 【問26】

企業の競争戦略におけるチャレンジャ戦略はどれか。

上位企業の市場シェアを奪うことを目標に、製品、サービス、販売促進、流通チャネルなどのあらゆる面での差別化戦略をとる。
潜在的な需要がありながら、大手企業が参入してこないような専門特化した市場に、限られた経営資源を集中する。
目標とする企業の戦略を観察し、迅速に模倣することで、開発や広告のコストを抑制し、市場での存続を図る。
利潤、名声の維持・向上と最適市場シェアの確保を目標として、市場内のすべての顧客をターゲットにした全方位戦略をとる。


       


みんなの正解率:  66%  (679人のうち449人が正解)

キーワード:特化 競争戦略


高度共通午前1 H22年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:特化 競争戦略


みんなの正解率:  66%  (679人のうち449人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード

特化

高度共通午前1 H22年春の全キーワードをみる