情報処理技術者試験-NAVI


情報セキュリティスペシャリスト H23年春 午前 【問4】

暗号アルゴリズムの危殆化を説明したものはどれか。

外国の輸出規制によって十分な強度をもつ暗号アルゴリズムを実装した製品が利用できなくなること
鍵の不適切な管理によって、鍵が漏えいする危険性が増すこと
計算能力の向上によって、鍵の推定が可能となり、暗号の安全性が低下すること
最高性能のコンピュータを用い、膨大な時間やコストを掛けて暗号強度をより確実なものとすること


       


みんなの正解率:  89%  (663人のうち590人が正解)

キーワード:アルゴリズム 危殆化


情報セキュリティスペシャリスト H23年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:アルゴリズム 危殆化


みんなの正解率:  89%  (663人のうち590人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード

アルゴリズム
【H26年春】 SSL に対するバージョンロールバック攻撃の説明はどれか。... 正解率:65%
【H25年秋】 XML ディジタル署名の特徴はどれか。... 正解率:87%
【H25年春】 サイドチャネル攻撃の説明はどれか。... 正解率:78%
【H25年秋】 サイドチャネル攻撃の手法であるタイミング攻撃の対策として、最も適切な... 正解率:82%
【H24年秋】 SEO(Search Engine Optimization) ポイ... 正解率:85%
【H24年春】 サイドチャネル攻撃の手法であるタイミング攻撃の対策として、最も適切な... 正解率:75%



情報セキュリティスペシャリスト H23年春の全キーワードをみる




H23年春 設問一覧
【問5】SMTP-AUTH における認証の動作を説明したものはどれか。... 72%
【問6】X.509 における CRL (Certificate Revoca... 70%
【問7】認証局が送信者に発行したディジタル証明書を使用して送信者又は受信者が... 85%
【問8】サーバへのログイン時に用いるパスワードを不正に取得しようとする攻撃と... 89%
【問9】ウィルスの検出方法であるビヘイビア法を説明したものはどれか。... 80%
【問10】ウィルスの調査方法に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 76%
【問11】通信の暗号化に関する記述のうち、適切なものはどれか。... 81%
【問12】自社の中継用メールサーバのログのうち、外部ネットワークからの第三者中... 73%
【問13】経済産業省 "ソフトウェア管理ガイドライン" に定められた、ソフトウ... 58%
【問14】共通フレーム 2007 に従いシステム開発の要件定義の段階で実施する... 76%

 




情報セキュリティスペシャリストの過去年度
H26年春 [ 午前問題 ]H25年秋 [ 午前問題 ]
H25年春 [ 午前問題 ]H24年秋 [ 午前問題 ]
H24年春 [ 午前問題 ]H23年秋 [ 午前問題 ]
H23年春 [ 午前問題 ]H22年秋 [ 午前問題 ]
H22年春 [ 午前問題 ]H21年秋 [ 午前問題 ]
H21年春 [ 午前問題 ]H18年秋 [ 午前問題 ]
H17年秋 [ 午前問題 ]H16年秋 [ 午前問題 ]
H15年秋 [ 午前問題 ]H14年秋 [ 午前問題 ]
H13年秋 [ 午前問題 ]