情報処理技術者試験-NAVI


情報セキュリティスペシャリスト H23年春 午前 【問23】

共通フレーム 2007 で取り決められているものはどれか。

作成する文書の種類及び書式
信頼性、保守性などのソフトウェアの品質尺度
適用すべき開発モデル、技法及びツール
プロセスごとの作業の主体者(役割)と責任の所在


       


みんなの正解率:  52%  (531人のうち278人が正解)

キーワード:保守性 共通フレーム 共通フレーム2007


情報セキュリティスペシャリスト H23年春の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
キーワード:保守性 共通フレーム 共通フレーム2007


みんなの正解率:  52%  (531人のうち278人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード

保守性
【H15年秋】 情報システムに、入カデータの整合性チェック機能を組み込む目的はどれか... 正解率:86%

共通フレーム
【H21年秋】 SLCP (共通フレーム) に従いシステム開発の要件定義の段階で実施... 正解率:72%
【H18年秋】 システム開発と取引のための共通フレーム (SLCP-JCF98) に... 正解率:76%
【H17年秋】 ソフトウェアを中心としたシステム開発及び取引のための共通フレーム (... 正解率:56%
【H14年秋】 システム開発と取引のための共通フレーム(SLCP-JCF98)に関す... 正解率:94%



情報セキュリティスペシャリスト H23年春の全キーワードをみる