情報処理技術者試験-NAVI


テクニカルエンジニア (ネットワーク) H16年秋 午前 【問46】 分類:セキュリティと標準化

通信傍受法に関する記述のうち、適切なものはどれか。

通信傍受法の制定に伴い、電気通信事業法に定められた通信の秘密に関する条文が変更された。
犯罪が予見できる場合は、電気通信事業者の判断によって傍受することができる。
傍受が許可される期間は、関与する犯罪の重大さによって決定され、期間の上限は特に定め
られていない。
傍受を実施する際、電気通信事業者は正当な理由なく協力を拒んではならない。


       


みんなの正解率:  64%  (64人のうち41人が正解)

分類:セキュリティと標準化
キーワード:通信傍受法 電気通信事業法


テクニカルエンジニア (ネットワーク) H16年秋の全キーワードをみる

解答と解説

解答:
解説:
分類:セキュリティと標準化
キーワード:通信傍受法 電気通信事業法


みんなの正解率:  64%  (64人のうち41人が正解)
      

スポンサードリンク


この問題のキーワード

通信傍受法

テクニカルエンジニア (ネットワーク) H16年秋の全キーワードをみる